ほくろ除去手術には美容外科クリニック選びが大切

アフターケア

ナース

ほくろ除去を行なった人の体験談の中では、傷痕が残ってしまったために後悔しているとコメントを残している人はいます。そのため、これからほくろ除去を行ないたいと思っていてもためらってしまうことがあるのです。ほくろ除去を行なったあとで一番重要になってくるのが、アフターケアとなってくるので、きちんと医師に相談したうえで完治させるための取り組みを行なわなければ傷痕になってしまうことが高くなってしまうのです。さらに、除去を行なった箇所が痒くなってしまうことで、爪などでかいてしまうことでも傷痕の原因となってしまいます。このようなトラブルを解決したいと考えているなら療法などを自分に合う物を選ぶようにしましょう。療法では、湿潤や糸で縫合いしたケースなどを利用することができるようになっています。自分にあった方法を選ぶことが出来ればトラブルを最小限に抑えることができるようになります。また、レーザーを使用した手術方法の場合は、患部が赤くなることがあるのです。時間が経てば赤みは引いていくと言われています。そして手術後にシミのようなものができる場合がありますが、これには3つの理由があるのです。一つ目は一回の手術で完全に除去できていない場合で、黒い部分が残ることがあります。一回の手術で除去することができなかった場合は、数回手術を行うことでしっかりと除去することができるのです。また、施術してから時間が経つとほくろが再発してしまうことがあります。できるだけ日焼けをしないようにするのが再発を予防するポイントです。再発してしまった場合も、もう一度手術を行うことで綺麗に除去することができます。また、色素沈着を起こしている場合もあるでしょう。レーザー焼けとも言われており、レーザー治療を行うと一時的に色素沈着を起こしてしまう事があるのです。傾向としてはニキビ跡や火傷痕が残りやすい人がレーザー焼けを起こしやすいと言われています。基本的に一時的な色素沈着であれば刺激を与えないように注意しておけば時間とともに薄まっていくでしょう。ですが、場合によってはそのまま色素沈着が残る場合があります。気をつけたい事としては、日焼けに注意することです。レーザー治療を行うと一時的に肌が刺激に弱くなってしまいます。紫外線を吸収しやすくなり、色素沈着を起こしやすくなるのです。レーザー治療を行った後はできるだけ日焼けをしないように心掛ける必要があります。日焼け止めを利用したり、できるだけ直射日光を浴びないように注意しましょう。このような理由から、ほくろ除去手術を行った後は必ず紫外線対策を施すようにします。患部に絆創膏やガーゼを張るだけでも効果が期待できるでしょう。また、紫外線を吸収しないタイプの日焼け止めを使用するのがベストです。一般的な日焼け止めには紫外線吸収剤が配合されているので、利用は避けたほうが好ましいでしょう。ベビー用の日焼け止めや敏感肌用の日焼け止めには紫外線吸収剤が配合されていないものが多いので、紫外線吸収剤が入っていない日焼け止めを選びましょう。また、日焼け止めと合わせて帽子や日傘などを活用して紫外線予防をすると効果的です。できるだけ患部に紫外線を当てないようにすることが大切になるでしょう。また、患部を清潔に保つことで炎症を防ぐことができます。